ネット予約
ENGLISH
メニュー
Fertility Clinic Tokyo
費用について

費用について(2019年4月改訂)

一般不妊治療は保険診療を行っています。(保険適用外の検査等を除く)
人工授精、体外受精に伴う治療費は自費になります。
治療法や検査結果等によりお薬は処方が異なり、別途加算になります。
当院は特定不妊治療費助成の指定医療機関となっております。

人工授精、その他の検査の料金についてはこちら

体外受精

全胚凍結および胚移植における技術料

全胚凍結
採卵、麻酔、媒精、タイムラプス培養、
胚凍結(6個以上加算あり)、1年間保管料を含む
264,000円
手術セット(採卵・移植当日の機材代) 11,000円
胚盤胞培養 44,000円
顕微授精(Piezo-ICSI) 1個 33,000円
2~5個 66,000円
6~10個 99,000円
11個以上 132,000円
高倍率顕微授精(IMSI) 1個 55,000円
2~5個 110,000円
6~10個 154,000円
11個以上 176,000円
卵子活性化 33,000円
感染症加算(感染症ありまたは未検査) 5,500円
胚凍結6個以上で1個あたり加算 5,500円
胚凍結更新料(2年目以降、1年間) 34,100円
凍結胚移植(融解料を含む) 165,000円
アシステッドハッチング 22,000円
二段階胚移植(同周期2回目の移植) 55,000円
追加解凍移植料(2個移植) 22,000円
子宮内膜擦過法 11,000円
SEET法 22,000円
ノイトロジン(GCSF注入) 35,200円
体外受精周期の超音波検査(再診料込み) 3,300円

新鮮胚移植における技術料

卵が採れなかった場合(採卵技術料、麻酔代として) 0個 55,000円
採卵、麻酔、媒精、
タイムラプス培養、胚移植を含む
1個 242,000円
2個 297,000円
3個以上 385,000円
手術セット(採卵・移植当日の機材代) 11,000円
余剰胚を凍結する場合(初回胚凍結料) 56,100円

顕微授精等加算料金に関しては上記と共通

人工授精

人工授精(自費) 22,000円
人工授精周期の超音波検査(再診料込み) 3,300円

その他

初診感染症スクリーニング検査(自費) 18,150円
子宮卵管造影検査(HSG) 約9,700円
抗ミュラー管ホルモン検査(AMH)(自費) 8,250円
抗精子抗体検査(自費) 8,800円
セカンドオピニオン(自費) 11,000円

ご主人の検査(当院に通院中の患者様のみ)

精液検査(自費) 3,300円
精子正常形態率検査(自費) 3,300円
感染症検査(自費) 7,700円
精子凍結保存 23,100円

助成金について

不妊治療を受ける方の経済的負担を減らすために都道府県や市区町村で治療費の一部を助成する制度があります。助成制度についてはお住まいの各自治体のホームページをご確認いただくか、窓口へお問合せください。治療費の領収書は申請に必要になりますので大切に保管してください。詳細については、こちらをご覧ください。

東京都

ホーム
>
費用について
>
体外受精に要する費用について