Fertility Clinic Tokyo
新着情報

新着情報

社会的卵子凍結のご案内 Information about egg freezing
診療情報2023年12月08日

*現在お電話が大変混みあっております。お待たせしてしまうことがございますので、ご予約についてはWEB予約をおすすめ致します。

初診前に治療に関するご相談を希望の方はオンライン無料相談をご利用ください。

東京都卵子凍結助成事業に関するお問合せ先は東京都福祉保健局へお願いします。

 

社会的卵子凍結とは

卵子凍結とは未受精卵凍結とも呼ばれ、精子と受精前の卵子を凍結保存する技術です。すぐの妊娠の予定はないが、将来的に妊娠を希望する女性がこの治療を希望することが多いです。

 

メリット

女性の年齢が上がると染色体の異常が増え、その結果妊娠率の低下や流産率の上昇につながっていくことが分かっています。若い年齢で凍結した卵子を用いて体外受精を行うことで、妊娠を希望する年齢よりも高い妊娠率が期待できます。

 

デメリット

・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)や採卵による腹腔内出血の可能性があります

排卵誘発・採卵を行う過程で、副作用が起きる可能性があります。

・将来の妊娠を保証するものではありません

卵子凍結は将来の妊娠を保証するものではなく、将来の妊娠の可能性を高めるための方法です。

 

メリット/デメリットを正しく理解した上で治療に進むことが大切です。

日本産婦人科学会による説明動画はこちら

 

当院の社会的卵子凍結について Information about egg freezing

1)初診~凍結は当院で行い、2)凍結卵はグレイスバンクで保管します。それぞれに費用のお支払いをお願いします。

1)Egg collection is at clinic, 2)Storage is at Grace Bank.Please pay the cost for each.

 

1)通院と費用の例:初診~凍結(当院へ支払い) Schedule and fee example(Payments to clinic)

患者様おひとりおひとりに最適な治療をご提供するため、状態により処方や通院回数が変わることがあり、その場合は下記費用の例を超える可能性があります。

It's an example. The fee changes with medication and the oocyte situation.※Patients who speak only English are charged an English fees.

 

周期前の通院:2回 Two visits before the egg collection cycle.

月経周期にかかわらずご都合の良い日に予約を取ってご来院ください。

 

含まれる内容

Consultation and test

料金(税込)

Cost(include English fee and tax)

初診

Initial consultation

初診料、感染症/術前検査、AMH検査 Consultation ,Infection screening,AMH

¥24,200

¥29,700

個人説明

Personal Explanation

再診料、個人説明料

Consultation

¥5,500

¥7,700

 

採卵周期の通院:6回 Six visits the egg collection cycle.

 

含まれる内容

test and medication

料金(税込) Cost(include English fee and tax)

①月経1~3日目

Period Day1-3

再診料*、処方、自己注射指導 Ultrasound,meds,Self injection lesson

¥55,000

¥75,350

(lesson in English)

②月経7~9日目

Day7-9

再診料*、ホルモン値採血、処方 Ultrasound,Blood test,meds

¥27,060 ¥27,060

③月経10~11日目

Day10-11

再診料*、ホルモン値採血、処方 Ultrasound,Blood test,meds ¥18,370 ¥18,370

④月経11~12日目

Day11-12

再診料*、ホルモン値採血、処方 Ultrasound,Blood test,meds ¥23,210 ¥23,210

⑤月経12~14日目 採卵

Day11-12 Egg collection 

再診料*、採卵(静脈麻酔)、手術セット、卵子凍結料、処方 Freeze all eggs,meds

¥238,480

¥254,980

⑥採卵2日後以降

2days later from OPU

凍結された卵子の結果説明を行います

Explanation cryopreserved Eggs

¥4,400 ¥4,400

①~⑥合計

Egg Collection Cycle Total

 

¥366,520

¥403,370

※採卵周期の再診料*にはエコー検査代が含まれます。

※6個以上の凍結で1個あたり¥5,500の加算があります。

Additional fee ¥5,500 will be charged for one egg if you get more than 6 eggs.

※卵巣過剰刺激症候群の疑いがある場合、診察や処方等の費用がかかります。(¥3,300~)

In case of the ovarian hyperstimulation syndrome,consultation and med etc.(¥3,300~)

 

2)凍結卵の保管について(Grace Bankへお支払い)Frozen oocyte storage service(Payment to Grace Bank)

当院は卵子凍結保管サービス「Grace Bank(グレイスバンク)」と提携しており、凍結卵子はグレイスバンクにて保管します。

採卵周期開始までにご自身で利用登録をお願いします。実際に保管を開始するまで費用はかかりません。

※Please register the frozen oocyte storage service “Grace Bank” by yourself before you start the egg collection cycle. We don’t store the frozen oocyte in this clinic. 

 

Grace Bankで凍結卵子を保管するメリット

・3つの支払いプランから選択でき、更新手続きや支払いは全てオンラインで完結

・全国に提携クリニックがあり、引っ越しをしても近くのクリニックで体外受精ができる

 

Grace BankのHPはこちら Click here for Grace Bank

Please use the website's translation feature.
 

卵子凍結の初診予約について Initial Appointments

WEB予約システムにて「初診(卵子凍結)」の項目で、月経周期にかかわらずご都合の良い日時にご予約をお取りください。

詳しくは初診の方へをご覧いただき、初診の前日までに「初診問診票」を入力してください。問診1は「その他」にチェック、「卵子凍結」とご記入ください。

Please check our English website, and make an "Initial Appointment".

 

東京都にお住まいで助成金の申請を予定されている方

東京都は「卵子凍結に係る費用への助成」・「凍結卵子を使用した生殖補助医療への助成」を開始しました。当院は登録医療機関となっております。

助成金申請をご希望される方は、まず都が開催する説明会(オンライン)に参加していただく必要がございます。
★対象者:東京都に住む18歳から39歳までの女性(採卵日における年齢)
★助成額:合計30万円(最大)

卵子凍結を実施した年度上限20万円、次年度以降1年ごとに一律2万円(最大5年間)を予定

助成金受給までの流れ:都が開催する説明会へ参加 → 決定通知書受領 → 登録医療機関を受診/卵子凍結実施 → 申請 → 助成金受給

※申請手続きはごご自身で行ってください。

※決定通知書は採卵周期開始までに受領するようにしてください。

※受診証明書はご自身で印刷したものを持参してください。手数料¥3,300、お渡しまで2~3週間かかります。

 

助成金事業の概要および説明会への参加申し込みはこちら(東京都福祉保健局)

※助成金事業に関するお問合せは東京都へお願い致します。

 

(Subsidy for expenses related to egg freezing in Tokyo.)

Everything related to the application is in Japanese. If you wish to apply, please contact the Bureau of Social Welfare, Tokyo Metropolitan Government by yourself.

 

ホーム
>
新着情報