☎︎ 03-3406-6868
ネット予約
メニュー
Fertility Clinic Tokyo
費用について

費用について

一般不妊治療は保険診療を行っています。(保険適用外の検査等を除く)
体外受精に伴う治療費は自費になります。
体外受精についてはIVF学級で詳しくご説明をおこなっております。
治療法や検査結果等によりお薬は処方が異なり、別途加算になります。
表示は全て税抜きの金額です。お会計の際に消費税が加算されます。
当院は特定不妊治療費助成事業の指定医療機関となっております。

体外受精・胚移植における検査・技術料一覧はこちら

その他の検査、人工授精の料金についてはこちら

体外受精技術料の例 (おおよその値段となります)

A:技術料例 190,000円

1個の採卵、体外受精を行い、同じ周期で初期胚を新鮮胚移植。

採卵技術料(麻酔代含む) 50,000円
培養技術料 90,000円
胚移植料 50,000円

B:技術料例 370,000円

複数個の採卵、体外受精を行い初期胚を凍結保存。
移植に最適な時期を見きわめ、凍結融解胚移植。余剰胚は引き続き凍結保存。

全胚凍結料(採卵技術料、麻酔、1年間凍結保管料込) 200,000円
凍結融解胚移植料 150,000円
アシステッドハッチング技術料 20,000円

C:技術料例 470,000円

複数個の採卵、顕微授精、胚盤胞培養を行い胚盤胞を凍結保存。
移植に最適な時期を見きわめ、凍結融解胚移植。余剰胚は引き続き凍結保存。

全胚凍結料(採卵技術料、麻酔、1年間凍結保管料込) 200,000円
顕微授精(Piezo-ICSI)卵2個以上 60,000円
胚盤胞培養 40,000円
凍結融解胚移植料 150,000円
アシステッドハッチング技術料 20,000円

D:技術料例 170,000円

凍結保存していた胚の移植のみ。

凍結融解胚移植料 150,000円
アシステッドハッチング技術料 20,000円

E:採卵を行ったが、卵を得られなかった場合の技術料

採卵技術料(麻酔代含む) 50,000円
新鮮胚移植の場合、技術料は採卵日に一括でお支払いとなります。
胚を一旦凍結する場合、採卵に関わる技術料は採卵日にお支払い、
胚移植に関わる技術料は移植日にお支払いとなります。

体外受精・胚移植における検査・技術料一覧

検査

超音波検査(1回) 1,000円
ホルモン値採血 1項目あたり(E2、FSH、LH、P4) 2,000円

採卵~新鮮胚移植の場合

採卵技術料(麻酔代含む) 50,000円
培養技術料 卵1個 90,000円
卵2個 140,000円
卵3個以上 220,000円
胚移植料 50,000円

採卵~全胚凍結~凍結融解胚移植の場合

全胚凍結料(採卵技術料、麻酔、1年間凍結保管料込) 200,000円
凍結融解胚移植料 150,000円

その他技術料

顕微授精(Piezo-ICSI)
Split(体外受精と顕微授精両方)
卵1個 30,000円
卵2個以上 60,000円
卵10個以上加算 20,000円
高倍率顕微授精(IMSI) 卵1個 40,000円
卵2個以上 80,000円
卵10個以上加算 30,000円
胚盤胞培養 40,000円
カルシウムイオノフォア(卵子活性化) 30,000円
アシステッドハッチング技術料
(胚移植の際に透明帯の一部を開孔して着床を助ける技術)
20,000円

凍結保存

胚凍結保存料 1年間/管理費込(新鮮胚移植の余剰胚) 51,000円
1回の採卵で6個以上胚凍結する場合、1個につき加算 5,000円
胚凍結更新料 2年目以降1年間/管理費込み 31,000円
精子凍結保存料 1年間/管理費込み 21,000円

その他検査、人工授精の料金

初診感染症スクリーニング検査

14,500円(自費)
子宮卵管造影(HSG) 約7,500円
(カテーテル代 自費3,000円含)
子宮内環境検査(MMP) 当院患者様 5,000円(自費)
抗精子抗体検査 8,000円(自費)
抗ミュラー管ホルモン検査(AMH) 7,500円(自費)

ご主人の検査(当院に通院中の患者様のみ)

精液検査 約1,100円(保険適用)
精子正常形態率検査 3,000円(自費)
感染症検査 7,000円(自費)

人工授精(AIH)

人工授精 20,000円(自費)
(ラリキシン 抗生物質含む)
ホーム
>
費用について
>
体外受精に要する費用について