ネット予約
ENGLISH
メニュー
Fertility Clinic Tokyo
新着情報

新着情報

不妊治療中および妊娠中の新型コロナウイルスワクチン接種について New Coronavirus Vaccination during Fertility Treatment and Pregnancy
診療情報2021年06月28日

新型コロナウイルスのワクチン接種が一般の方へも順次拡大されています。

すでに多くの接種経験のある海外の妊婦に対するワクチン接種に関する情報では、妊娠初期を含め妊婦さんとお腹の赤ちゃん双方を守るとされ、重篤な合併症が発生したとする報告もありません。したがって、

日本においても希望する妊婦さんはワクチンを接種することができます。

不妊治療中のどの治療過程においても希望する方はワクチンを接種することができます。

 

ワクチン接種の予診票には、「現在妊娠している可能性はありますか。または授乳中ですか。」という質問がありますので、可能性があるかたは「はい」にチェックし、接種会場の問診医に伝えて、接種を受けてください。

 

予定された2回のワクチンを接種しても、これまでと同様にマスク着用・手洗い・人混みを避けるなどの感染防止対策を継続してください。

 

◆情報(問合せ先)等

-新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて-

日本産婦人科学会/日本産婦人科医会/日本産婦人科感染症学会

 

新型コロナウイルスワクチン(mRNA ワクチン)Q & A

一般社団法人 日本産婦人科感染症学会

 

The new coronavirus vaccine is gradually being expanded to the general public.

According to information on vaccination of pregnant women overseas, where there have already been many cases of vaccination, the vaccine protects both the pregnant woman and her baby, including in the early stages of pregnancy, and there have been no reports of serious complications.

 

Therefore, in Japan, pregnant women who wish to be vaccinated can do so.

Those undergoing fertility treatment can also be vaccinated if they wish to do so.

 

The questionnaire for vaccination asks, "Are you currently pregnant? Or are you breastfeeding?" If there is a possibility of pregnancy, please check "yes" and inform the medical staff at the vaccination site before receiving the vaccine.

 

Thank you.

 

Statement from the ASRM COVID-19 Task Force

ホーム
>
新着情報