ネット予約
ENGLISH
メニュー
Fertility Clinic Tokyo
新着情報

新着情報

静脈麻酔薬プロポフォールと注射薬フォリルモンPについてのお知らせ
診療情報2021年08月06日

静脈麻酔薬プロポフォール供給不足について

当院で採卵、処置時に用いている静脈麻酔薬プロポフォールが供給不足になっています。明らかな原因は不明ですが、本剤は人工呼吸器管理の際に用いられるため、コロナウイルス感染症対策として確保する目的で政府が出荷を制限しているとの噂があります。

なんとか確保するべく努力をしておりますが、供給が途絶えた場合は他の麻酔薬の使用をご提案させていただくことがあるかもしれません。詳しくは医師にご相談ください。

 

 

フォリルモンP供給停止について

体外受精における調節卵巣刺激に用いるFSH製剤フォリルモンP(富士製薬)が現在販売停止になっております。富士製薬からは製剤に問題があるためではなく、薬剤申請の問題による一時的なものとの説明を受けておりますが、今後3ヶ月程度供給されない可能性があります。下垂体性ゴナドトロピン製剤として国内販売されているのは

 

・遺伝子組み換え製剤→ゴナールF(メルクファーマ)

・生物由来製剤→フォリルモン(富士製薬)、uFSH注用(あすか製薬)

・LHを含有するHMG製剤として 

 HMG筋注用(あすか製薬) FSH:LH=1:0.33

   HMGフェリング(フェリングファーマ) 同1:1

 

がありますが、uFSH(あすか)、HMG(あすか)は流通量が少なく入手できません。

代替品として第一選択となるのはGonal Fですが、遺伝子組み替え製剤のため価格は1.5倍程度となります。卵巣の状態によってはHMGで対応できる場合もありますので詳細については医師にご相談ください。

ホーム
>
新着情報