ネット予約
ENGLISH
メニュー
Fertility Clinic Tokyo
新着情報

新着情報

8/22更新 着床不全検査の一部変更について
診療情報2020年08月22日

2020/08/17より着床不全に関する検査に一部変更がございますのでお知らせします。

 

【検査項目の追加(JISART多施設共同研究)】

EMMA(エマ)/ALICE(アリス)検査 ¥41,000

EMMAとALICEはあわせて検査します。(単独の検査は出来ません。)

当院も加盟するJISART(日本生殖補助医療標準化機関)の多施設共同研究へ参加する方の検査内容と料金となります。研究参加について詳しくは医師へお尋ねください。

・EMMA(子宮内膜マイクロバイオーム検査)

子宮内の菌の割合を調べる検査です。妊娠にはラクトバチルス属優位が良いとされ、菌のバランスの乱れが着床不全や流産・早産の原因の一つと考えられています。

・ALICE(感染性慢性子宮内膜炎検査)

子宮内に慢性子宮内膜炎に関連する10種類の病原菌がいるかどうかを調べる検査です。着床不全の原因の一つに慢性子宮内膜炎があると考えられています。

 

【検査費用の変更】

ERA(エラ)検査 ¥183,000 → ¥130,000

子宮内膜が着床可能な状態にあるかどうかを調べる検査です。理想的なタイミングで胚移植を行うことで、着床及び妊娠の成功率を上げることが期待されます。この検体採取でEMMA/ALICE検査をあわせて検査することも可能です。

 

着床と妊娠継続に関わる検査・治療について詳しくはこちらをご覧ください。

希望する項目がありましたら医師にご相談ください。

 

 

 

ホーム
>
新着情報